これからの英語教育はどう変化していくか

昔は、中学生になってからアルファベットから英語を学びました。
文字の次は、文法でした。
文法に頭はがんじがらめにしばられ、自然な会話文など出てくる状況ではありませんでした。
そんな偏った、受験向けのような英語教育が何年も続いていました。
しかし、これから時代を担っていく子ども達は、このグローバル化・情報化した現代を生き抜いていくために、外国語の習得は必須です。
しかも、文法に終始するのではなく、外国の人とのコミュニケーションが成り立つことが大切です。
そんなところに重点をおいて、小学校の外国語科はスタートします。
読む・書くよりも話す・聞く・楽しむ方に力点が置かれていました。
しかし、新しい学習指導要領の先取りが始まって、外国語科は、読む・書くにも力を入れてきています。
旧態依然とした英語とならぬよう、昔の繰り返しにならぬよう、生きて使える英語を目指したいものです。
その方が言葉を使っていて楽しいではないですか。