コンピュータ教育のこれからを考える

パソコンは、ついこの間までテープレコーダーからデーターを読み込んだり、フロッピーディスクから読み込むという具合でした。
しかし、今は個人用の持ち運び便利なパソコンが安い値段で手に入り、だれもが持つ時代となりました。
ネットに至っては、手のひらサイズのスマートフォンがパソコンにとって変わる時代です。
このような目覚しい進化を遂げる高度な情報化社会にあって、子ども達は絶対に操作の基本を学ばねばならないですし、プログラムを組んで創造的な作品を作り互いに交流することをしなければならないときが来ています。
これが、プログラミング教育です。
巷では、ゲームを作るようなソフトやロボットと車を動かすシステムなどがよく取り上げられています。
私塾も盛んです。
でも、大切なことは、パソコンの基本として、文字入力・ファイル操作・ネット検索等の基本を身につけることです。
そして、それらを活用して、調べ学習の発表や交流をすることに焦点をあてた教育こそが、系統性のあるプログラミング教育であると考えられます。

ランウェイで公開するのも夢じゃない

オールジャンルのダンスを学べる専門学校
HIPHIP・JAZZ・LOCKなど全てに精通した講師陣が指導します

アニメ映画についても学べる東京の学校
実写だけでなくアニメーションも学んでいただけます

最新投稿

  • これからの英語教育はどう変化していくか

    昔は、中学生になってからアルファベットから英語を学びました。
    文字の次は、文法でした。

    続きを読む...

  • 教育を受けさせることにこれほど大変だとは

    教育を受けさせることにこれほど大変だとは思いませんでした。
    子どもにはきちんと教育を受けさせる …

    続きを読む...

  • これからますます少子化になっていくのは

    日本の教育にはお金がかかるなあというのが実感です。
    政府も幼児教育無償化等色々対策はされている …

    続きを読む...

  • 算数教育は、どうすれば成功するか

    算数は、各学年の学習内容がスパイラル的に結びついています。
    前時までに学んだ既習事項を生かして …

    続きを読む...

お知らせ

一覧