算数教育は、どうすれば成功するか

算数は、各学年の学習内容がスパイラル的に結びついています。
前時までに学んだ既習事項を生かして、本時の課題を解決していくという学習が特徴です。
ですから、新しい知識がなくても、自分の経験を生かして工夫すれば正解につながることができます。
要するに、どのように学べば実力がつくかという、学び方を学べば、自学自習をすすめていくことができるということです。
もう一つ大切なことは、練習量です。
問題に向かうとき、かつて解いた問題と同じだと認識したとたんに、もう解決への道はつながっています。
どれだけ数多くのパターンの問題をこなしたか、その経験値の高さが正解率の高さに比例するということです。
解き方も一つきりではありません。
公式的なスマートなとき方のほかに、図や表にして数値の関係を明らかにする方法や地道にコツコツと答えに近づく方法など、様々なアプローチで解いていくことができます。
力を伸ばす最大の方法は、算数を好きになることです。